高知県で「森の小学校」活動を中心とする文科省の定める小学校設置基準に沿った学校の設立を目指しています。

「森の小学校」とは?

  • HOME »
  • 「森の小学校」とは?

「森の小学校」の活動は、体力、気力、知力など生きていく力を養い、豊かな人間性を育てる活動です。

 

「森の小学校」とは

「森」というのは、いわゆる森だけではなく海や川、山や田畑、都市公園など、広義にとらえた自然体験をするフィールドを指しています。自然体験活動を基軸にした子育て・保育、乳児・幼少期教育の総称である「森のようちえん」の考えを基に、対象を児童期とした自然での体験活動を礎とした実践学習を行う場を「森の小学校」と呼んでいます。

「森の小学校」で大切にすること

  • 自分の行動を決定していくこと
  • 体験を通して、物事を学ぶこと
  • 児童・生徒・保護者・教員がともに育ち合うこと
  • 自然に対しての豊かな感性を育み、畏敬の念を抱くこと
  • 周囲の地域、そこにいる人々に対して愛情をもって接し、感謝の気持ちを持つこと
  • 他者の気持ちや意見に共感し、協調すること
  • 失敗を体験し、繰り返し挑戦する機会を得ること

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © とさ自由学校設立準備室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Loading...